トレンディエンジェル(動画)M1優勝!漫才は納得の面白さ!

M1優勝を飾ることが出来たトレンディエンジェル(動画あり)。その漫才は納得の面白さでしたが、なぜM1優勝を出来たのか検証してみます。

2015/12/06  更新


トレンディエンジェルの漫才が秀逸すぎる!(動画)

     <スポンサーリンク>

2015年のM1グランプリはトレンディエンジェルが優勝を飾りました!トレンディエンジェルは2004年にコンビを結成しているため、約10年の時を経て、ようやく大舞台で活躍をすることが出来ましたね。。

しかも今回は予選で一度敗退してしまい、敗者復活戦から決勝に上り詰めて、優勝という大逆転劇。

長い下積みもある芸人のため、トレンディエンジェルにはこれまでのM1王者と同じくぜひブレイクしてほしいですね。

トレンディエンジェルとは?

トレンディエンジェル,動画,M1,優勝,漫才,面白い

トレンディエンジェルは斉藤司(さいとうつかさ)さんと須藤 敬志(すどう たかし)さんのコンビです。

高校の同級生や、吉本など所属事務所の同年代などの芸人コンビが多い中で、斎藤さんは36歳、須藤さんは29歳と7歳も年の差がある珍しいコンビ。

斉藤司さんが36歳という年齢であの立派な頭をしていることで一度見たら忘れない芸風が持ち味です。

自分のルックスをネタにして芸人を続けていても売れないひとが多い中で、ようやく斎藤さんにも花が咲くかも知れないというのは嬉しいですね笑。

さらにこれはネタなのか本気だったのか分かりませんが、斉藤司さんはジャニーズに応募していたこともあります笑。。

正直、髪の毛があればもしかしたらイケメンだったかもしれないというのは間違いないので、若いときには本気で目指していたのかもしれませんね。。

トレンディエンジェルがM1優勝出来た理由と今後の展望

トレンディエンジェルはなぜM1優勝を出来たのでしょうか。個人的には3つほど理由がありそうだと思います。

①「お兄さんトレンディだね」の決めゼリフ

決めゼリフやキャッチフレーズがあるかどうかは最近のお笑いにおいて非常に重要な要素となっています。

あぁあの芸人ねと頭の片隅に置いておけるインパクトのあるセリフやリズムは芸人にとってファンにフックを残せるかどうか関わってきます。

トレンディエンジェルは漫才のネタの当初にこの決めゼリフから入ることが一般的であり、この決めゼリフが入るとファンの頭の中で「また面白い漫才が始まるぞ」というフックが発生するのではないでしょうか。

②キャッチーな見た目

これも最近の傾向として強い要素です。日本エレキテル連合あたりからこの傾向は強くなりましたが、8.6秒バズーカ、Youtubeで非常に話題になったエグスプロージョン(踊る本能寺の方々)などはこのキャッチーな見た目(と①のインパクトあるフレーズ)のみで話題となったようなものでしょう。

これだけで息の長い芸人になることは難しいですが、逆に言うとこの二つがあると一発屋として売れる可能性は十分にあるということです。

一発屋として売れた後の明暗は大きく別れるところなので、その人生が良いのか悪いのかは人それぞれの価値観だと思いますが。

トレンディエンジェルは言わずもがな、斉藤司さんの顔面という強烈な見た目を持ってますね笑。

③高い漫才力

M1の優勝にかかせない必須の能力は「高い漫才力」であり、これは言わずもがなですね。

特に2015年は審査員が元M1王者の芸人だったということもあり、漫才としての力があるかどうかに非常にシビアだったはずです。

トレンディエンジェルも長い下積み期間で鍛えられた漫才力で、M1を勝ち抜くことが出来ました。

①、②、③の要素をバランスよくもっている、トレンディエンジェルはM1後の一発屋ではなく、芸人として長く生きていくことが出来るのではないかと個人的に思っています。

トレンディエンジェルの漫才動画!

     <スポンサーリンク>

トレンディエンジェルの個人的に最も面白い漫才動画はこちら!

1年近く前のものですが、この漫才でも十分M1で通用しそうなものですね笑。

関連ページ

M1(えむわん)グランプリ2015の結果!優勝芸人はこのコンビ!