仙台青葉まつり2016!日程・時間・交通規制と見どころ感想一覧!

仙台・青葉まつり2016も近づいてきました!日程・時間・見どころ・感想・交通規制や交通止めなど重要情報をまとめました!参加予定の方は必見です!

2016/02/05  更新


仙台青葉まつり2016!日程・時間・見どころと交通規制・通行止め!

仙台青葉まつり,2016,日程,時間,見どころ,感想,交通規制,

senndai-tabi.seesaa.net/article/273151045

仙台の中心地で行われる、大規模なお祭り・仙台・青葉まつり!

毎年、かなりの人が参加するため、交通規制なども行われながら広範囲で行われています。

ここでは日程や時間、交通規制の情報や見所や感想などをまじてお伝えしています!

日程・時間・場所は?

2016年の日程は 5月14日(土)宵祭・15日(日)本祭

まず日程は5月14日と15日。

1日目が宵祭、2日目が本祭と呼ばれています。

予定されているスケジュールは次のとおりです。各場所によってイベントが異なるため、事前にしっかりとチェックが必要ですね。

14日(土)の宵祭のスケジュールは次のとおりです。

仙台青葉まつり,2016,日程,時間,見どころ,感想,交通規制,

15日の本祭は次の通り!

仙台青葉まつり,2016,日程,時間,見どころ,感想,交通規制,

特に仙台・青葉まつりのみものでもある、本祭りの伊達時代行列は見逃すわけにはいきませんね。本祭の12時からスタート予定のため、ここだけは最初におさえておきましょう。

 

     <スポンサーリンク>

 

アクセス・場所は?

仙台・青葉まつりは、仙台市で行われます。

JRの仙台駅からも徒歩で行くことが出来る場所であり、アクセスにも便利ですね。

有料駐車場も多数あることはありますが、想像以上の混雑で車を実際に止めるスペースが有るかは非常に怪しいです。

極力仙台駅あるいは最寄りの仙台市地下鉄勾当台公園駅から歩いて行く事をオススメします。

歩いても20分もかからずにメインの会場に到着することが出来ますので、祭りで盛り上がるの街の雰囲気を感じながら散歩をするというのも風情があるのではないでしょうか。

 

交通規制情報は?

仙台・青葉祭りのときには大々的に交通規制が行われます。

下記は昨年度2015年のものですが、交通規制は次のとおりでした。

仙台青葉まつり,2016,日程,時間,見どころ,感想,交通規制,

特に、イベントの多い日曜日の本祭りのときには、交通規制となる通りが多くなるため注意が必要ですね!

 

     <スポンサーリンク>

 

見どころ・参加した方々の感想!

仙台・青葉まつりの見どころは、なんといっても伊達時代行列!伊達家の当主がが馬に乗って街の中を闊歩する様子は、時代と歴史を感じることが出来ますね。

これを見るためだけに、他の地方からもやってくる人もいるようです。当日のこの時間帯はかなりの混雑が予想されるため、近くで見たい場合には、事前の場所取りもかかせなくなりますね。

その他にも女性だけで担がれる神輿も!鮮やかなピンク色のはっぴとのコントラストが非常に冴えていますね!

道端の途中には、こんな武士たちも。

かなり気合が入っている様子ですね。

 

仙台・青葉まつりの由来とは?

「仙台青葉まつり」は毎年5月の第3土曜日・日曜日に宮城県仙台市で開催されるイベントです。江戸時代に行われていた仙台藩最大の祭り「仙台祭」が起源で、途中交通事情などにより途絶えていましたが、伊達政宗没後350年を契機に1985年に復活しました。

土曜日の宵まつりで行われる約4,000人以上が軽快に跳ね回る「すずめ踊り」、日曜日の本まつりで行われる高さ5mを優に超える勇壮な11基の山鉾(やまぼこ)等の「時代絵巻巡行」は見応え十分!毎年100万人近くが訪れる仙台青葉まつりは、仙台七夕祭り、SENDAI光のページェントとともに仙台3大祭りの1つとして定着しています。

ゆるログ

伊達政宗を祀るこの祭り。これを見ないで仙台を知っているとは語れませんね。